Saitek Pro Flight X-55 Rhino H.O.T.A.S. (Hands on Throttle and Stick) System for PC

ミリタリーレベルの正確性の
戦闘機型フライトシミュレーター用コントローラー

フライトシム・ファンから本物のパイロットに
至るまで高い評価を得てる他のSaitekプロ
フライトシリーズと同様、精巧に開発され、
これまでのコントローラーにはない多彩な
操作性、カスタマイズ性能を実現。

Saitek Pro Flight X-55 Rhino H.O.T.A.S. (Hands on Throttle and Stick) System for PC
サイテック プロフライト X-55 ライノ H.O.T.A.S. (ハンズオン スロットル アンド スティック)システム
  • 型番:MC-X55Z / JAN:4580398815371
対応OS: Windows XP (32または64ビット)以降;
空きUSB 2.0ポートx2
税抜希望小売価格: 24,000円
改訂版発売日: 2015/6/12
Plants: image 1 0f 8 thumbPlants: image 2 0f 8 thumbPlants: image 3 0f 6 thumb Plants: image 4 0f 8 thumb Plants: image 5 0f 8 thumb Plants: image 6 0f 8 thumb Plants: image 7 0f 8 thumb Plants: image 8 0f 8 thumb
製品詳細・特長 製品仕様・スペック レビュー(外部サイト)

ミリタリーレベルの正確性

戦闘機型フライトシミュレーター用コントローラーであるX-55ライノは、本物の戦闘機のコックピットを参考に開発されました。フライトシム・ファンから本物のパイロットに居たるまで高い評価を得てる他のSaitek プロフライトシリーズと同様、精巧に開発され、これまでのコントローラーにはない、多彩な操作性、カスタマイズ性能を実現しました。最新の戦闘機はもちろん、シングルまたはツインエンジンの航空機、クラシックなシングルシートの機体に至るまで、様々な機体においてパイロットに必要な操作を搭載しています。

繊細な操作まで可能になったスティック

フライトシム上でも、実際のフライトと同様に、細かな操作をいかに正確に反映できるか?ということが、コントローラーには求められます。X-55ライノのスティックの軸(エルロンおよびエレベーター)操作には、高精度16ビットの入力を採用することで、これまでにない正確さでフライトの操縦をすることが可能になりました。


スティックの負荷をカスタマイズ - 付属スプリング交換で実現

X-55にはスティックに内蔵されているスプリングを付属の異なる長さのスプリングに交換することで、スティックを動かす際にかかる負荷の強弱を調整する機能が搭載されています。スプリングは出荷時に内蔵されているものの他に3本の異なる長さの物が付属します。好みや機体に合わせて最適なものを選ぶ事ができます。


ツインスロットル - 負荷調整およびスロットルロック機構搭載

エンジンを2基搭載した機体の操縦には、ツインスロットル機構は必須です。別々のコントロールはもちろん、シングルエンジンの機体の操縦の際には、スロットルロック機構を活用することで、シングルスロットルとしても使用できます。また、スロットルを動かす際に必要な負荷もダイヤルで簡単に調整する事が可能です。


バックライト付きスロットルユニットには、トグルおよびロータリースイッチを搭載

現代の戦闘機の操縦には高度なレベルの操作が必要で、それをフライトシムで再現するには多彩なカスタマイズ機能が重要になります。X-55 ライノのスロットルユニットには、トグルスイッチおよびロータリースイッチが搭載されています。7つの3方向トグルスイッチに加え、2つのロータリースイッチが、様々な機体や好みにあわせて機能を割り当てることが可能です。


スティックユニット、スロットルユニットで個別のUSB接続

X-55 ライノは、スティックユニットとスロットルユニットで、それぞれ個別のUSB接続を行います。ユーザーのカスタマイズにおけるフレキシビリティが広がります。


画期的な軸コントロールを実現したH.O.T.A.S.ソフトウェア

新しいデザインのコンフィギュレーション ソフトウェアの採用により、軸のコントロールが画期的に進化しました。デッドゾーンの設定はもちろん、軸の効き具合を視覚的曲線グラフで細かに設定できます。また、マウスやキーボードの入力をボタンに割り当てたり、タイミングやマクロの設定ももちろん可能です。


究極のバーチャルコックピットの構築

X-55 ライノにより、パソコンでも戦闘機の操縦に必要な、高度な操作を可能にしますが、さらにSaitekのCombat Rudder Pedals や Pro Flightシリーズのパネル類、スイッチ類を加えることで、よりリアルで可用性の高いフライトシミュレーションシステムを構築することが可能です。


パッケージ内容:

  • X-55 Rhino スティックユニット
  • X-55 Rhino スロットルユニット
  • 交換用負荷調整用スプリング(3本セット)

スティック部入力機能:

  • 軸:3軸
  • ボタン数:6 - ハットスイッチ、POVを含めるとスイッチ数は30個
  • ハットスイッチ:2(8方向/合計16スイッチ)
  • POV: 1 (8方向/8スイッチ)
  • モード数:3

スロットル部入力機能:

  • 軸:6軸(スロットル: 2軸、ロータリー : 4軸)
  • ボタン数:24(ボタン x 5、スライダースイッチ x 1、Kスイッチ x 2、トグルスイッチ x 14、ホイールボタン x 2)- ハットスイッチを含めるとスイッチ数は40個
  •    
  • ハットスイッチ:2(8方向/合計16スイッチ)
  • マウスニップル
  • モード数:3

システム要件Minimum System Requirements:

  • OS: Windows XP (32または64ビット)以降; 空きUSB 2.0ポートx2

対応フライトゲームの一例
(国内で購入可能とは限りません)

  • Flight Simulator X
  • Flight Simulator 2004
  • X-Plane 10
  • X-Plane 9
  • DCS World
  • DCS: A-10C Warthog
  • DCS: Black Shark 2
  • DCS: UH-1H Huey
  • Lock On: Modern Air Combat (LOMAC)
  • Lock On: Flaming Cliffs 3
  • Lock On: Flaming Cliffs 2
  • Lock On: Flaming Cliffs
  • aerofly FS
  • Take On Helicopters (TKOH)
  • Rise of Flight
  • Arma 3
  • Falcon 4.0: Allied Force
  • Falcon BMS 4.32
  • World of Warplanes
  • War Thunder
現在はありません。